読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キミの夢を見ていたい

思ったこと、感じたことを独断と偏見で

親友が濵田祟裕に堕ちました。

私の親友の話をします。中学からの付き合いでかれこれ長いお付き合いになります。ジャニーズは嫌いじゃないけど特にファンという訳ではなく、俳優さんとか、サッカー選手とかが好きな普通の子です。←

ジャニーズに偏見持ってないし、私がジャニーズのことばっかり喋っても凄く楽しそうに聞いてくれる素敵な子なんです。

 

そんな彼女が濵田くんに堕ちました。せっかくなので彼女が濵田くんに堕ちるまでを残しておこうと思います。皆さんも是非、周りをジャニーズWEST沼へ引き込んでいきましよう!!

 

はじまりは、2015年の秋に2人で行った京都・大阪旅行でした。とある雑誌でWESTくんが行ってたお好み焼き屋さんに行きたく道ずれに……(まぁ、WESTが行ってたってのは隠して美味しいらしいとか言って連れてった。)

そこに雑誌のページが飾ってあって、それ見た親友は何人か知ってる程度でした。「ごくせんの人と奇抜チビ!!」*1なぜ、神ちゃんを知ってるのか不思議だった。「VS嵐で言ってたよね!」SUGEEEEEEEE!!!!!!全国放送!ゴールデンタイム!SUGEEEEEEEE!!!!!!!!!!

彼女はVS嵐を毎週見てるわけでも録画してるわけでも無いので運命感じました。

 

入りはこんな感じです。ここから私は彼女と会う度に面白い彼らの特性を擦り込み擦り込み擦り込み……

例えば、「流星くんこの前キャンドル焚きながらお風呂入ったら寝ちゃって焦げ臭さで起きたら前髪燃えてたんだってやばいよね〜」とか。「桐山くん舞台中でダイエットとしてなんも食べないようにしてたのに2kg太っちゃったらしくてメンバーに『お前は空気食べてるんか!』って言われててさ〜」とか。

まぁちょっと盛ったりして、面白おかしく印象付けてたんですよ。そしたら、「ジャニーズWEST楽しそうだね♪見てみたい!」キターーーーーーーーー!!!!!

ということで鑑賞会を開くことに。ヲタク大好きパセラにて開催!!

まずはやっぱり『なにはともあれ、ほんまにありがとう!』そう。あの伝説の「道頓堀1丁目  中間ん家物語」コントが入っているやつ!!!←

これが見事彼女にハマった!お笑い好きなこともあり、見事に!興味を持ちました。帰りには「これ、借りてもいい?もっとじっくり見たい。」!!!!!!!

もちろん貸しますよね?!最高!ジャニーズWEST!!私やったよーー!!!1人ファンが増えそうだよーーー!!!

 その後年末のベストアーティストを見た彼女は「can't stopかっこよかったね〜私、Criminalが好き〜」いつの間にかタイトル覚えてるし、好きな曲出来てる。そんな彼女に「WESTだったら誰が好き??」と聞くと「桐山くんか濵ちゃんかな〜。」と。

遊ぶ約束してなんかDVD観る?って聴くと「ライブDVD持ってきて!!WESTみたい!!!」と。やばい。思いのほか早く堕ちてる。さすが私の友達。←

よし、これは桐山くんか濵田くんに堕とせるチャンスでは?!?!と。そこで「一発めぇぇぇぇぇぇぇ」を。これは神ちゃん、濵ちゃん、桐山くんの愛のかたまりがあるんです!!!!!生で聴いて興奮したから!!絶対に見せようと思った!!!案の定。これもまたお持ち帰り♡笑

そのDVDが帰ってきた時は自分のお気入りポイントを手紙にしてくれました。(笑)*2

パリピポも無事貸して少クラの私セレクトをダビングし渡しました。

ダビング内容は詳しく覚えてないけど、昔話(シンデレラ、白雪姫、桃太郎…。)とか面白いトークも入れつつ曲はパリマニとか君へのメロディーとかとにかくカッコイイの集めた。地上波ではなかなかやってくれないカッコイイの詰め合わせた。ここ重要!堕とすためだから!!!

彼女は想定通りSCARSの濵田くんの虜に。私、「例えばそれがまやかしだとしても」の濵田くんが凄い好きだからー!!!絶対聞いてほしくて!!

そんなこんなしていると嵐のワクワク学校にジャニーズWESTが出演することを発表。彼女に「嵐のイベントにジャニーズWEST出るんだけどさ、応募手伝ってくれる???当たったら一緒に行かない?」返事はもちろんYes!

結果はなんと彼女が当選するというミラクル!!!!!!凄い!強運!

ワクワク学校の登校が決まった彼女の口癖は「どうしよう。本物見て冷めたら。」確かに、その不安はあった。彼女に見せてたのは歌う濵ちゃん。踊る濵ちゃんだったから。濵ちゃん、嵐さんの前でガチガチになってそうだしなぁ……なんて思ってたから。濵ちゃんごめんね。

で、ワクワク学校に彼女が行った結果。。。

「ほんと楽しかったー!同じ空間にいたんだなーってなんか不思議な感覚♡笑
今日見て改めて濱ちゃん推しが強まったよ!!」ガッツリハマってた。嵐さんのお陰で濵田くん伸び伸びしてたし、東京のラストということもあって潤くんコーナーで濵ちゃん大活躍!!凄い楽しそうだった。濵ちゃんも友達も。笑

彼女は「もっと近くで濵ちゃん見たくなった!次は歌ってる所も見たい!!」と。次の日のWSベタ録りするくらい。←これ、だいぶレベル高いと思ってるけど彼女は気づいてないのがやばい。笑

それから夏の音楽特番は録画して見てくれたし、しかも「今までふわっと見てたけど濵ちゃんだけずっと見てた♡」って報告までくれた。やばい。これはもうファンだな。

そこからは「シルエットいい曲だね〜♪」「(少クラの)Eternalの濵ちゃんがカッコよすぎる!!!」とか急に来るように…(笑)

 

そんな時にWEST初の京セラドーム公演が決定!!!初コンサートで遠征させるのは悩んだし、クリスマスだから不安だったけど、、「行きたい!」と返事が。

応募して運良く当たり、チケットが届き……なんとアリーナ!!!!

京セラの1週間前に私の家でラキセの鑑賞会をし、DVDとアルバムを貸した。「どうしよう。緊張してきた。やばい。1週間後だよ……」ってずっと言いながら家に帰って行った。なんか、初々しかった。

 

そして、当日。彼女はこの日初のジャニーズライブだと言っていた。席に着いてみると……やばい。

メインステージ目の前のブロックだし、真ん中の花道の隣。こんな良い席久々だった。彼女に「初ライブでこれはやばいよ。気をつけて……」ってなんかよく分からないアドバイスしてた。

とりあえず私が持ってたパリピポの濵ちゃんの団扇を持たせ、双眼鏡も貸して、彼女はとても楽しく過ごしてくれた。(正直、Jrの時の曲とか挨拶とかで私が騒いで泣きすぎてそれどころじゃなかった。)

 

アカンLOVEだったかな。センターステージから円周で立つWESTくん。ちょうど目の前に濵ちゃんが立っていて。双眼鏡でガン見した彼女は「やばい。目が合った。」真顔で言い出してたし、終わってからSexySummerに雪が降る*3の一連の流れの話をしたら「ごめん。センターステージ見てなかった。ずっと濵ちゃん見てた。」って言われた。いや、オタク気質すぎるでしょ。なるべくして濵ちゃんに堕ちたじゃん!!!!!!!

まぁ、彼女がジャニーズWESTが歌って踊る所を初めて見た結果「やっぱ濵ちゃん。濵ちゃんかっこよすぎた。ラブソング歌う濵ちゃんに軽率に恋するわ。」ラブソングでイチコロだった。結構チョロかった。←

 

濵ちゃーーーーん!!!やったよーーーー!!!また1人濵ちゃんファン増えたよーーーーー!!!!

とっても楽しんでくれたみたいで「あぁ……終わっちゃった。」って帰るまでずっと言ってた。

残念ながら横アリが京セラからスパン短すぎて誘えなかったので「また行きたい!」と意気込んでる彼女のために次は東京ドームで是非お願いします!!!!

雪に願いをとか聞かせたかった。絶対好きだもん。濵ちゃんのラブソング。

嵐もエイトもあんなに話してたのに堕ちなかった彼女がこんなにも転げ堕ちていったのは…濵ちゃんの魅力だろうな。濵ちゃんありがとうーーー!!!

また彼女とライブに行くのでラブソング歌ってくださーーーい!!!笑

そして、これからも多くの人が濵田くんのジャニーズWESTの魅力に気付きますように!

*1:桐山くんと神ちゃんだけ知ってた。

*2:パリピポ貸した時には3枚になってた。

*3:言わずもがな、SexyZoneさんの曲です。

聖なる夜、私は京セラドームにいた。

タイトル通り、12/24,25クリスマス。聖なる夜。私は大阪に居ました。そう、彼らの初ドーム公演を観るために。

 

私が流星くんを好きになった時、彼はまだJrだった。東京に居ると関西ジャニーズJrの人たちの情報はほとんど入って来ない。そんな私が彼を知ったきっかけは街で助けて貰ったからだった。すっごいイケメンが助けてくれて日本も捨てたもんじゃないなぁなんて思ってて、その数日後テレビで見たら助けてくれたイケメンが演技してた。そこからだった彼を応援しようと思ったのは。

応援するきっかけは不純かもしれないけど今まで見てなかった少クラやまいジャニ観たり少しずつ関西ジャニーズについて知っていった。

そして、あの大晦日の日。正直、デビューってどういうものか私には分かってなかった。デビューを本人もファンも必死になって掴もうとしてることに気づかなかった。さらに、大学受験を控えていてそれどころじゃ無かったのが現状で。頭がよろしくなかったので必死だった。学校と塾と家と……年明け辺りから少し病み始めて食事は喉を通らないし、体重は落ちてくし、人の心配してる場合じゃなくて。

だから、流星くんたちやファンの人たちが不安に思ってた期間も私は体験してないし、喜びを分かちあった時さえその現場には行けなかった。今になってあの時、あの空間を共有出来なかったことが本当に悔しくて私もあの空間に居たかったとも思う。

無事に大学が決まってからは今まで以上に大阪にも通えるようになって、さらにさらに好きが増していった。

デビューの大きさをデビューしてやっと気づいた。みんなが、夢見るデビューというものを。東京に居ても情報が入ってくる。東京のテレビでも見れる。東京の舞台にも立ってくれる。より、会いやすい見やすい環境になったことに驚いた。

1st コンサート。1st ツアー。1st アリーナツアーと日に日に大きくなっていく姿を共有出来るのが凄く嬉しかった。CDやアルバムの売り上げが毎回更新されたり、大きくなってるなって感じた。

 

そこで発表されたのが初めてのドーム公演。

最初目を疑った。ドーム公演なんて夢のまた夢だと思っていたし、随分先の話だと思っていたから。ドーム公演やる時は天井席に入って“こんなに大きくなったんだなぁ”とか言いながらオタク人生を終わりにするんだろうなぁなんて思ってた。

 

 

そんなこと、無理だった。辞めるなんて出来ないし何があっても付いていこうと思えた。

 

嵐を好きになった時も関ジャニ∞を好きになった時も既に彼らはドーム規模でコンサートをこなしていた。こんなにドームでコンサートが出来る凄さ有難さ……知らなかった。初めてだった。

目にドームという景色を焼き付けたかったのであまり双眼鏡も使わなかった。使わなくて良いくらい席には恵まれていたこともあったけど。会場と7人の一体感がさらに伝わった。中でも、メインステージのモニターの使い方は凄く上手だった。踊りで見せたい時は本人たちを観てもらう為にモニターを切っていたし、センターステージに居る彼らの存在感が凄く出ていた。やはり、ジャニーズWESTは信頼と実績で出来てるなって。見たい形になっていた。ダンスの良さが演出でかなりプラスな効果を発揮していた。しっかり「one chance」の時の流星くんや「CHO-EXTACY」の出だしの小瀧くんのところも。欲しい時にはしっかりモニターに映して塩梅がうまいなと。 

そして、一面が自担の色で染まる喜び。これは、この景色は本人も勿論だろうけど私も、一生忘れないと思う。

大きな京セラドームのど真ん中に立って歌いあげる、煽る、歓声を受ける、踊る、笑ってるそんな7人は今まで以上に大きく見えたし、輝いていた。

最初の挨拶で会場中が青になった時の流星くんの嬉しそうな顔を見た瞬間。私なんかが言うのは烏滸がましいけれど応援してきて良かったなって。今回はお遊びコーナーが無くてMC以外に座る時間が無かった所から彼らの本気が見えた気がした。おふざけもセクサマの所だけだし、その後しっかり歌ってくれたから、すっごくバランス良くてかっこよさと可愛さが詰まっていた素敵な公演だった。

最初の挨拶も感動したけど、 JrコーナーでB.A.D.の時は黄色かオレンジに。濵ちゃんの時には一面が自然と紫になっていて鳥肌たった。それこそ、本人たちは歌っていて指示なんかないのに。クリスマスメドレーのSNOW SNOW SNOW では3人が分散したその周りがその色になっていてとても素敵だった。制御ペンライトかと思った。別にメンバーに強要されてる訳じゃないのに。自然とみんながメンバーにこの景色を見せたかったのかな。あの一面の景色の一部になれたことが嬉しかった。あとは、ボタンカチカチしながらその人に変えるアナログ感も好きだった。私がこの景色を作り出しているって思えて凄く参加してる気がして嬉しかった。

MCでも画面が7分割になって感動する瞬間も味わえて良かった。あぁこれがドームだって思えた。

25日の1部は関西ジャニーズJrが松竹座公演ということで7人だけだった。

今までいろんなグループのドーム公演には行っていたけど7人だけは無かった。バックが居ない7人だけでドームを駆け回る姿はかっこよくて7人しか居ないとは感じられない迫力があった。

最後の挨拶も全員に時間があったのも良かった。

照史くんが「俺らをここまで連れてきてくれてありがとう。」ってそれはこっちの台詞だ。こんなに素敵な景色を共有させてくれてありがとう。でも、この景色は貴方たちジャニーズWESTが居なければ見れなかった景色で。私をジャニーズWESTに出会わせてくれてありがとう。応援したいと思わせてくれてありがとう。沢山のありがとうを届けたくなった。

のんちゃんの「悲しい別れも沢山して来た。」私は6人の7WESTも知らない。辛いお別れの瞬間にあまり立ち会うことは無かった。12歳からこの世界で自分と同じ歳の人より遥かに多くの経験をしたであろうのんちゃんの一言一言には重みと想いが詰まっていて、照史くんが「何があってもこいつだけは守る」って言った意味が分かる気がする。のんちゃんにはこれからもメンバーと笑顔でいて欲しい。のんちゃんには笑顔が1番だから。これからもお兄ちゃんたちに甘えてのびのび育って欲しいな。お兄ちゃんたちは、ダメな時はちゃんと叱ってくれるから。

濵ちゃんの「俺たちの夢へようこそ」凄く素敵な言葉だった。彼らの夢が私たちの夢であって、私たちの夢が彼らの夢であって。こんな素敵な夢の空間で夢の時間を過ごせることの幸せを初めて知れた。「貪欲にドームと付くところは全てやりたい!」そう。言霊だから。あまり欲を口に出さないイメージの濵田さんだから大きな所で大きな夢を口にしてくれて嬉しかった。有言実行。かっこいいじゃない。東京ドームでやる時もしっかり心に刻みたい。

そして、先輩がドームに立っていたのを見学ブースで観ていたという重岡くんの「あそこ(見学ブース)から10年前の自分が見てる気がして」満面の笑みで三塁側に手を振っている姿。10年前に描いてた未来と違うかもしれないけど重岡くんの笑顔はきっと変わっていないし、さらに輝きを増しているんだろうな。そんな素敵な笑顔だった。

神ちゃんが「ジャニーズWESTのメンバーが仕事決まる度に自分のことのように喜んでくれて本当に感謝してます。愛や幸せをいっぱいありがとう」って。新しいお仕事は勿論自分の事のように嬉しいし、その瞬間に携われたこともずっとずっと私の中の宝物になっていく。こちらこそありがとう。「みんながジャス民で良かった」って言葉をくれてありがとう。

淳太くんも「誰1人置いていかない。遅れそうになったら手を掴んで引っ張るから。」って。こんな心強いことは無い。置いてかないなんてアイドルから言ってもらうことなんか無かったし、付いていけないからこそ離れちゃうもので。この人たちについて行けば間違い無いなって思わせてくれた。

 

ステージからペンライトの海が綺麗で「誰もが見れる景色ではなくて、これはファンのみなさんとスタッフさんが居ないと見れなかった。」って流星くんの言葉が嬉しかった。全ての人やものに感謝出来るところが本当に好きで、「もっと大きなパワーを恩返しする」って言葉に付いていこうと決めた。間違いないなって。暗い空気を切るためにC&Rやらせてでも、涙が出てきちゃって。デビューする時のことあまり語るのが好きじゃなさそうな流星くんが「デビューの時いろいろあって…」と言って流した涙。流星くんの涙は初めて見た気がする。今まで辛かったことはあまり口にしないイメージがあったし、その時こそ笑顔で居た流星くん。あの涙でまた一つ大きくなった気がした。

 あの涙について考えれば考えるほど分からなくなるけど素直な感情だったことは確かで、きっと長男な彼はきっとこの日までどこか気が張っていたというか気が抜けなかったのかな。「仕事では泣いたことなかったのに」それが彼にとっての仕事との向き合い方だったのかな。しっかり仕事では泣かないと考えてる所も好きだけど、そう思っていても制御出来ないくらいドーム公演は特別ないや、大きな存在だったんだな。

7人それぞれの想いが詰まっていて、この挨拶にこれだけの時間を割いてくれたことに感謝しかなくて。ちゃんとひとりひとりの言葉でゆっくり今の心境を聴けた気がした。

そして、最後のAll  my  love。

この挨拶でこの曲はずるい。挨拶以上に泣けてしまう。

これからは僕が貴方の力になりたい。

顔が見えなくても分かち合える喜びが。

ほんまに幸せありがとう。

まさにだった。アイドルとファン。もし、彼らがアイドルをやっていなかったらきっと出会えて無い存在で顔なんか分からないけど同じ空間を共有して分かち合えて泣いたり、喜んだりが一緒に出来ることがこんなにも幸せなことだって知ることが出来た。こちらこそ、沢山のありがとうを彼らに届けたい。

そして、私が大好きな歌詞

いつか与えられる人から与える人へちょっとずつ成長したいんや

彼らはもう貰ってばっかではなくしっかり与える人になっていた。私もいつか与えられる人間になりたいと曲を聴く度に思っていたけど、挨拶とこの歌で少しは彼らに与えられてるのかなって思えて凄く嬉しかった。

そして、この歌詞から手書きだったのがまた良かった。手書きってやっぱり気持ちが伝わるね。デジタルもいいけど想いがこもっている手書き。良かった。

もし、次のツアーが無ければ私も引きずってたと思う。年明けにはすぐツアーがある。どこにでも着いていくと決めたばかりだけど、就活が待っているので横アリに行ったら当分はジャニーズさん現場はお預けになってしまうけど、精一杯愛と想いを伝えて、私も目の前の壁を乗り越えようと思う。彼らがついてるから。遅れても手を引っ張ってくれて、置いてかないでくれるって言ってくれたから。心置きなく自分と向き合いたいと思う。そして、また笑顔であの空間に居たい。

ジャニーズWESTを好きになれて良かった。彼らから貰ったこの気持ちはきっと忘れないと思う。いつか、ドームでバンバンコンサートをするようになった時にこの日のことをふと思い出したい。この日があるから、今がある。そんな風に感じられるくらい大きくなって欲しい。そのためにそばで出来るだけ支えたいと思った。あのキラキラな7つの笑顔がドームで見れて良かった。次は東京のドームで彼らの大きな背中と笑顔を観たい。

 

今言えることはジャニーズWEST最高!ジャニーズWEST大大大好きだ!

 

素敵なクリスマスを、、

素敵なプレゼントを、、

 

ありがとう。これからも一緒にいろんな景色を観させてください。

Tokyoholicを聴きまして。

関ジャニ∞さんの東京ドームにお邪魔しました。

話したいことは沢山ある。大好きなI to Uも聴けたし、NOROSHIからの思いがけずブリュレだったし。高速回転寿司見れたし。∞さんが凄い美味しいネタに見えた。←

 でも、一つだけ言うならいい加減信五殺すのどうにかして欲しい。どうなの?死ネタって……笑えないよね。演出上、実は水槽にまだ居た!ってのはいいと思うけど…殺さなくても良くない?それか役回り変えない?自担じゃなくても不快なとこある。。。。ってこの話長くなりそうなんで、

前置きはこのくらいにして、Tokyoholicがめちゃくちゃ良かった。そこから象〜NOROSHIの流れも最高すぎた。

 

 

私は生まれも東京だし、育ったのも東京だし……東京が好きでした。むしろ、東京しか知らない。

でも、関ジャニ∞さんが好きになった時初めて劣等感というか、大阪の人はいいなぁ…って思うようになって。だってあんなに大阪を愛してるから。好きだった頃は関西ローカルの番組がほとんどだし、こっちは必死に大阪に通ったり大阪の番組をどうにかして全国で放送してもらうように番組に送ったり……なのに、東京で仕事増やす度にメンバーが「東京に染まった。」「魂売ったわ。」って言うし、1番辛かったのは8周年の時に念願叶って当たった元旦の大阪でのオーラス公演で、「遠くに行っちゃうって、東京に染まったって周りから言われることも増えたし、思われるかもしれないけど、そんなことはない。俺らはいつでもここ大阪。」(ごめんなさい。曖昧なのでニュアンスです。)この言葉を聞いた時、わざわざ大阪まで朝早くから新幹線に乗ってきた私は場違いに思えて、、居て良いのかすら不安になった。まだまだ若かったし中学生か高校生の頃だったから東京のファンって要らないのかな……なんて思っちゃって(笑)

TAKOYAKI in my heartでも(大阪好きを歌うのは事実でいつも通りだから大丈夫だったけれど)「東京に染まりはしまへん。」の歌詞だった。

そんなに東京に染まることは嫌なことなの??じゃぁ、もう東京来なきゃいいのに……なんて思ってしまいました。笑

自分達は東京に住んで東京で仕事を貰ってるのになんで東京に染まるって悪い事みたいに言うのかそんなんだったら、大阪で仕事すればいいのに。東京に来なきゃいいのに……なんて、東京しか知らない私は嫌だった。

でも、友達とかは大人で「関ジャニの良い所はそのガツガツした姿勢なんじゃない?」なんて言ってくれたけれど、どこか腑に落ちずモヤモヤしてました。今は、それが売りだと思うし関東でも頑張ってくれてるし、何より信五が「俺は東京に染まったって言われてもいい。」的なこと言ってくれてるからそこまで考えなくもなった。

まぁ最近はそこまで関ジャニ∞を追うことも出来ずに時間が合えば番組を見る程度になっていてということもあるけど。そんなタイミングで今回ツアーに入りました。そこで流れたTokyoholic。

錦戸亮ちゃんの作詞。。。イヤミが無かった。いや、嫌味に聞こえなくて受け入れられた。楽しかった。素直に盛り上がれた。

私にとってはこれが普通で、これが日常で。

でも、東京に出てくるってこういう覚悟とか気持ちなのかなって。だから、私がこの曲の本当の良さを分かることは一生無いんだろうとも思う。でも、私が大人になったっていうのもあるのかもしれないけど、この曲は凄く力強くて私が少し離れた時の現状に甘えてる感じが無かった。ガツガツしてる関ジャニが居た。

 

Tokyoholicは一言で言えば「アンチ東京」の歌。東京へのコンプレックスが形になった歌。でも、この曲は今の関ジャニ∞にしか歌えないと思えた。そう言えば、東京をこんなに皮肉に歌う人って居ないよなって。“東京いけ好かない!”って。『I don't like you. 』って。上京してきた頃の彼らは東京と大阪って言うものに苦しめられたりしたのかな。そんな想いがヒシヒシと伝わってきた。毎度毎度本当に東京のこと嫌いなのが伝わってくる……心折れるくらいアウェイな感じする。東京って冷たく感じるんだろうな。地元が恋しくなるんだろうな。でも、錦戸亮ちゃんの作詞で好きなのは最後は『I can't hate you.』になる所。これで全てが許せた気がする。救われた気がする。この曲は、あんなに嫌いと言っていてもやっぱり憎めないし、離れられない。なのか、働く為にはこの嫌いな地で戦わなければいけないって意味なのかは分からないけど。いつもいつも否定とか貶されてばかりだから…いや、まぁ今回も……だけどね。

 「ここはまだまだ始まり」って歌詞で、あぁまだまだ関西出身のアイドルとして戦おうとしてるんだな…と。まだまだゴールが見えない道を闘いながら歩いているんだなって思えた。闘うことを止めてないんだなって。まだまだ上を目指そうとしてる所がカッコよくて前よりもスッと受け入れられた。

あとは、Tokyo!コール。すっごく楽しかった。各公演でTokyo!コールするのはどうかとも思うし、その地方の人には申し訳ないけど、関ジャニ∞は毎度大阪って言うから少し嬉しかったし、各地方でも「I don't like」って歌われてる東京としては大目に見てほしい(笑)

 

 

とにかく曲はかっこいいし、歌詞からのタイトルはオシャレだった。

最高に錦戸亮だった。一生この歌詞には共感出来ないけど、東京でTokyoholicを聴けたことが良かった。

『そんな上から見んなや、こっちも必死なんじゃ!』が凄くらしくて素敵だった。

 

これからも大阪が大好きなのは良いけど、少しでも東京も好きになって欲しい。彼らがこれから生きる場所だから。そして、東京にも関西人の貴方たちが好きなファンが居るから。

続・小さい大野くんと大きい小瀧くん

お久しぶりです。私の元へ鮫島社長と三浦くんがプライベートでお食事という名の極秘プロジェクトに成功したとの一報が届きました。

これは、ふたりの連絡先交換からお食事までをまとめなければ!という使命感のもとここに舞い戻って来ました。

ということで、前回のドラマ期間のおふたりの様子はこちらにまとめてあります。

小さい大野くんと大きい小瀧くん - キミの夢を見ていたい

 

 

※ワクワク学校後からまとめています。

 

7/5 ARASHI DISCOVERY

「あ!あとねこの前よーやく大阪ワクワク学校の時に食事会軽くあったんですよ。よーやく小瀧望、のぞ兄と連絡先交換しました。ふふっドラマ中じゃなく。隣だったの席が、んでふたりでずーっと色々話してて。うーん。まだ彼、未成年だから。うーん…もうすぐハタチか。今月30でハタチだから。」

ドラマ終わってようやく!連絡先をget!!ワクワク学校があって良かったね…;;;;

 

 

7/ 6 なにわぶ誌

さとっちゃんのラジオでも名前を出していただきましてm(_ _)m

 

そのラジオ聴きましたよー笑

 

さとっちゃんの笑い声は聞いてたらホンマに癒される。笑

 

なんでやろ??

 

こっちまで笑顔になる。笑

 

改めて、さとっちゃんの魅力を感じたラジオでございましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

この前にMUSIC DAYについてもシャッフルメドレーにて隣で歌えたことが嬉しかった旨が書いてありました。

有料サイトのだから少しだけ載せました。が、7月なのでもう読めません。悪しからず。

 

 

8/14 もぎ関

中間「(リクエスト曲は)嵐のI seekです。」

小瀧「こんなに愛したい〜♪君に恋したい〜♪」

中間「鮫島ロスやわ俺。」
小瀧「これね、打ち上げで歌わせてもらったんですよ僕。大野くんと!!めちゃめちゃうまかったよ!!」

中間「いいなぁ。」

小瀧「はじめ(小池)栄子さんと歌ったんですけど、大野くん歌ってくださいよ!って言ったら歌ってくれた。大野智with小瀧望feat.小池栄子。」
中間「豪華やな〜!」

 その打ち上げの映像どうにかして手元に欲しかった。小池栄子姐さん含めて最高すぎる。

 

 8/28 もぎ関

 (メール)「大野くんが小瀧くんと連絡先交換した話を嬉しそうにラジオで話していました。」

小瀧「TV誌の取材で直接は言ってないんですけど、連絡先交換したいって言ってて。でも一回しか仕事してない菊池風磨とは連絡先交換してるんですよ!『一回しか仕事してない菊池風磨と交換して、俺はドラマで3ヶ月間も一緒に仕事してるのにおかしいでしょ!?』って言ったら『ここまで来たら連絡先交換しないのも面白くない?』って言われたから諦めてて、ワクワク学校大阪の打ち上げですよ。『連絡先交換する?』って言われて。『やっっとですか!?』って。(ドラマの)打ち上げでもなかったから。ほんま大阪の食事会なかったら交換できてなかったですね。ほんまに大野くんとのメール公開したい!めっちゃ可愛いの!」

中間「へ〜そうなんや。」

小瀧「絵文字がめっちゃ可愛い!」

中間「絵文字使うの!?そうなんや〜」小瀧「実際にラジオを聞いて送ったんやけど。“おはよう、四葉のクローバーマーク…ラジオで話しちゃった、ピース…またなんかあったら話しちゃいます、ニコニコハート…”」

淳太「かわいい!!」

『おはよう🍀ラジオで話しちゃった✌またなんかあったら話しちゃいます😄❤』

…………。可愛すぎる_| ̄|○…いくつだよ……。

 

9/9 ARASHI DISCOVERY

(メール)「小瀧くんがセカムズの打ち上げで智くんがI seekを歌ってくれたとすごく嬉しそうに話していたそうです。打ち上げはどんな感じでしたか?」
大野「懐かしいなぁ。歌いましたね!すっごい嫌だったんだけど、ずっと避けてたんですよ、んふふ。まぁなんかドラマやると絶対そうなるから、俺後ろの方にいたの。もう、カラオケがあるのわかってたから一番後ろにいたんだよね。そしたらね、のぞ兄が歌い出して、マイクをもう1本こっちに持ってきちゃって、逆に助けられた!1人じゃなくて。うん!て感じかなぁ?あとねちょっと申し訳ないんだけどね、のぞ兄二十歳になったでしょ?本当申し訳ない!まだ実現してないと思う、飯、飲み、二十歳なったら飲もうつって、8月なら飲めるいけるかもって言って、のぞ兄から2、3回ね、最近撮影、あの、ご飯行く暇ないですか?ってくるんですよ。俺ね行けると思ってたのよ、そしたらちょっとね自分で思ってたより忙しくてちょっとま実現してないんですよ、ちょっとねあのちょっと待って!ちょっとのぞ兄待って!ちょっと待ってくれ!」

 

9/16 ARASHI DISCOVERY

(メール)「ジャニーズWESTの小瀧くんが大野くんのメールが可愛いという話をラジオでしていました。絵文字がめっちゃ可愛いそうです。智くんから見て小瀧くんのメールはどんな感じですか?」
大野「のぞ兄……俺をおちょくってるなぁ?まったくぅ〜ちょっと見てみるよ。俺どんなメール送ったんだ?え?俺そんな絵文字送ってっかなぁ?そうまだね正直ねのぞ兄ちょっと待っててまだ飲めてないんだけど(笑)え?普通だぜ俺。え?嘘だぁ?何を持って言ったんだ?俺そんな絵文字使ってないよ。20歳誕生日のメールはすごいね。“20歳、ビックリマーク2つおめでとうビークリマークとケーキの絵文字やったねーってグーっていう手と爆笑な顔の絵文字とキラキラ星。”すげぇ使ってるね。“今日は飲みまくれぇ、でピース2つ、あ、ピース3つにキス顔みたいな絵文字。で、来月飲もう、で、ハート。”ははははは!!めっちゃ送ってるじゃないすかぁ(笑)んへへへ!のぞ兄は!のぞ兄の方が絵文字使ってるじゃないか、さとっつぁんってくるんですよ、おもしろい、おっさんみたいな、ちょっと待ってのぞ兄おっさんみたいなメール内容だなこれ(笑)“来月でもいいのでさくっといきましょう。”んふふふ!もうさぁ(笑)社会人何年目っていう、さくっといきましょうって、んははははは!そんな飲んだことないだろまだぁ!(笑)んふふふふ(笑)20歳になったばっか、さくっといきましょうってなんなの(笑)んふふふ、

絵文字の説明してるのも可愛い。。。

『20歳❗❗おめでとう❗🎂やったね👍😆✨今日は飲みまくれぇ❗❗❗😘来月飲もう❤』

いや、いくつだよ。私より絵文字こまめに使ってるよ!

 

10/5 なにわぶ誌 

みんなさとらじ聴いてる??

 

あのラジオの時の、さとっちゃんめちゃめちゃ可愛くない!?笑

 

たまに俺の話をしてくださってるのが嬉しすぎて聴いてるよね。笑

 

10月行けたらいーなー、、、

有料サイトのだから少しだけ載せました。が、これもギリギリもう読めません。悪しからず。←

10月にもご飯は行けなかったみたいですね。行ったらお話するとのことです。

それにしても、公式で「さとらじ」はセーフ??

 

 

 (11/21 遂に実現お食事会!!)

 

 12/13 関西ジャニーズJr『X'mas SHOW2016』

見学に来ていた小瀧くんが参加したMCにて。

小瀧「言ってたら仕事くるかもしれんで?俺もそうやったもん、モデルもドラマもあとドームも…」
向井「この前のドラマめっちゃ好きだった!鮫島さん!」

西畑「セカムズ!セカムズ!」
小瀧「あ~大野く…大ちゃんね」
全員「大ちゃん!!!?」

西畑「えっ!?大野くんのことおおちゃんって呼んでんの!?」

康二「本人の前でも??」
小瀧「うん、大ちゃんのんちゃんやで♡」
全員「!!!!!?」
小瀧「この前ふたりでご飯もいって…」
康二「え!?」
小瀧「イタリアン行った!おしゃれな。」

 

 

12/14 ARASHI DISCOVERY

「そーだなぁ、あ!こないだよーやくですよ。今年ドラマで一緒だった後輩の、小瀧望ことのぞにぃイヤっ、のんちゃん!のんちゃんにしましたぼく、呼び名。んははは。のんちゃんとメシくってきましたっ !そう!あのねぇ、たしかはたちぃ〜で、飲もうかってゆってぇ〜連絡先交換してずっとごめんなさいね。長引いたでしょ?もうちょっと待ってくれ、言っていましたが結構ねマメに連絡きてくれて、今月は僕こんな感じですよって、うーん。丁寧にね?で、近々どうですかぁ?って来た時にちょ〜ど僕が東京ドームのコンサートの3日目が終わってそこしかない!って思ったの、ライブ終わったあと!食事してきましたよ。で、わざわざ、誕生日プレゼントまでいただいちゃって。ちょっと早いけども、みたいな…で、あのー、寝巻きでもいい、部屋で着れる服をいただきましたよ。そんでぇ〜、もうまったりして飲んでたね。ドラマ…ねぇ?大変だったけど楽しかったよねぇみたいな話したりね。うーん。なんかぁいろんな話しましたねぇ。うーん。ま、ほんとっ、楽しかった、うーん。また、またすぐ集まろっかみたいな感じですね、うーん。そ〜なんですよ!ちょっとねぇ〜、(知念)侑李と飲みたいと思ってる。たしかに。アイツ趣味ないんだよ。のんちゃんも無いんじゃないのぉ?たしか。趣味ないヤツいっぱいいんだよ後輩で、んふふ。そーなんだよ。

 大野さんにこまめに連絡する小瀧くんっょぃ。。食事したいってのが伝わって実現したのかな?次は知念くんとも是非!!

 

 

 

 

以上となります。雑誌諸々でもお食事行きたい!や、都合が合わない話はされてますがすみません。時間が無かったのとこれさえ抑えておけばいいかな?と思い今回はほとんどラジオのみです。

小瀧くんの行動力に感動すら覚えてます。是非、第2回の食事会。又は丸ちゃんを含めての食事会の話も楽しみにしてます!!!!!

 

 また、小瀧くん結構な頻度で大野さんの話するので良かったらJohnny's webに登録してジャニーズWESTのなにわぶ誌を覗いて見てください!!! 急なステマ(笑)

紅白歌合戦 白組司会 相葉雅紀様

その知らせを最初に耳にしたのは土曜日のお昼。Twitterを開くと「紅白歌合戦 白組司会は、相葉雅紀。」との文字。失礼な話まさかと思った。だいたい司会の発表の日って記者会見的なものがあったし、ましてや5人じゃない。その日は、嵐の札幌公演にお邪魔することになっていたし、当然嵐さんは札幌にいる。これはデマだな。なんて陽気に思っていた。気付けば公式Twitterでのお知らせも来ていて、現実味が一気に増した。

 

私は嵐が大好きだし、相葉くんも大好き。でも正直不安の方が大きかった。私が、何かやるわけでも無いのに。相葉くんは本当に一生懸命の人だし、頑張りすぎちゃうからこその不安だったドラマがあったりする度に目に見えて痩せていくから。相葉くん1人に任せるなんて重すぎる。相葉くんがいつか壊れてしまうんじゃないか。周りから叩かれないか、相葉くんに余計な不安要素を与えないか。要らない心配ばかりしていて素直には喜べなかった。でも、

こんな大役を僕一人がお引き受けできる立場ではないと思い、本当に悩みました…。

でもこの先、僕の人生でこんな有難いお話は一生いただけないと思います。毎年年末に「あの時にお受けすればよかった…。」と後悔するよりチャレンジさせていただきたいと決断しました。

今の僕には、ただただ全力で頑張ることしかできませんが、出場歌手の皆さまに気持ちよく歌っていただけるよう精一杯努めますので、どうか皆様よろしくお願い致します。

この文章を見て思い出した。そうだよ、相葉くんはいつでも全力の人だったじゃん。何に対しても否定しないし諦めない、自分に厳しい人じゃん。それを私が否定してしまうのは本当に最低だったなって。相葉くんが自ら悩んだことを口にしている。相当、悩んだんだと思う。今何を考えてどう思ってるのかは本人しか分からないけど、この文章を見て真面目で全力な相葉くんならやりきれるんだろうなって思えた。

 

そうこうしてるうちに始まった「ARASHI LIVE TOUR Are you Happy?」札幌2日目。

MCに入り、やはり話題は相葉くんの紅白歌合戦白組司会。

翔くんが「やっぱりまずはこの話しなきゃだね。相葉くん紅白司会おめでとう!」と。15時のNHKでの発表ニュースを5人で見ていたらしい。

そこから散々、今まで5人でやって来たのに急に1人で抜けがけしただのチャチャが入った。相葉くんも「やめろよぉ〜」なんて賑やかに進んだ。ふとした沈黙で翔さんが相葉くんに「不安?」と相葉くんを優しそうな目で見つめた。相葉くんも少し困ったような苦笑いのような顔で「……不安。」と。あぁ…これが本音なんだなって。スーパーマンのような相葉くんでもやっぱり私たちと同じ人間でプレッシャーを感じているんだなって。相葉くんが「嵐でやってきたけど、俺難しいところやって無かったから!そこもやらなきゃだからさ!」笑い飛ばして言った時、潤くんが「でも俺は知ってるよ?相葉くんが『これは間違えられない。』って北島三郎さんの曲練習してたの。」その顔は本当に優しくて“大丈夫だよ”と言っているようだった。その後も、「相葉くんのハプニング、俺らは少し期待してるよ?」「俺ら以外にもグッと!スポーツファミリーも居るしね!」相葉くんの不安と緊張を解くような言葉が冗談交じりかけられて、あぁ嵐っていいな。相葉くんには嵐っていう帰る場所も居場所もあるんだなって。だから、相葉くんはきっとこの仕事を受けられたのかななんて。

それからおめでとうメールを50件くらい貰った話から、ジャニーズでは「関ジャニはすぐ来た!村上と横山。」ほら、こんなにも相葉くんのことを支えてくれて喜んでくれて応援してくれる仲間がいるんだもん。私は何を不安になってたんだろう。

いつもはあまり喋らない智くんだって「差し入れで唐揚げ持ってくよ。」とか「ここで、練習しなよ。」「大丈夫だよ。」って。相葉くんが好きなものを安心する言葉をしっかりとくれるんだもん。やっぱりリーダーなんだなって。自分から話す智くんはやっぱり嵐をしっかり見ているし、誇らしいんだろうな。

発表当日、この目でこの耳で彼らの嬉しそうな表情や声を聞けて心の中のちょっとしたモヤモヤがスッと消えました。あの空間には愛しかなくてみんなが相葉くんに一緒に頑張ろうねって言っているようだった。

当日一緒に祝えたことに感謝してます。素敵な時間を共有させてくれてありがとう。

 

人一倍気ぃ遣いな相葉くんが1人で抱え込まずに「不安だ」と口に出来たの嵐があまりにも相葉くんに優しかったから。優しいお兄ちゃんたちがそっと寄り添い「差し入れするね。」「ミラクルも期待してるよ。」と肩の力を抜いてあげて、弟たちが支え「頑張ってたの知ってるよ。」「相葉くんファミリーいっぱい居るからね。」とエールを送ってたから。嵐が、ファンが、相葉くんに優しく寄り添えたのはきっと、相葉くんが嵐にそしてみんなに優しいからなんだよね。相葉くん自ら種をまいていたからなんだよね。

いつだって前を見てていつだって全力な相葉くんについて行こうと改めて思えた1日でした。

思えば相葉くんはいつだって私たちが思う以上に明るくて力強くて前を向いていた。

楽しいことがあるから笑うんじゃない。笑っていれば楽しいことがあるかなって考えています。いっぱい笑いましょう。

今を一生懸命やって今をどうするかで未来が決まると思うから

今を頑張るしかないって思ってる。

この言葉たちでどれだけ勇気と元気を貰い、気付かされたか。私も頑張らないとな。相葉くんに比べたらちっぽけなことだけど相葉くんに負けないように、次会う時に私も胸張って相葉くんを見れるように頑張ろうと思える言葉をいつもくれる。貰ってばっかりで私には差し入れを持っていくことも、舞台袖で声をかけてあげることも、一緒に分かち合うことも出来ないけど。唯一出来ることはテレビの前で応援することのみだけど。しっかりこの目で歴史の第一人者になれることに感謝し、焼き付けます。

 

忙しくなるとみるみる痩せていって1人で背負い込む相葉くんだから、どうか周りを頼って下さい。貴方の周りには応援してくれて、自分の事のように考えてくれる素敵な仲間がいるから。無理しないでって言ってもきっと無理すると思うから。

 

相葉くんが年末の最後まで笑顔で過ごせますように。とびっきりの笑顔が2016年最後に見えますように。私はここから願ってます。

 

今ならしっかり言葉に出来ます。

相葉雅紀さん、紅白歌合戦白組司会 おめでとうございます。

Are you Happy?ここを見逃すな! ※ネタバレあり

お久ぶりです。

嵐さんコンサートが始まりましたね。今回のコンサートいつものようなガッチガチのコンセプトではなくとてもざっくりしていてどんな感じになるのかなと思っていましたが、おもちゃ箱をひっくり返したようないろんなものが詰め込まれていて心もお腹もいっぱいになりました。

そこで、私の独断と偏見でこれからLIVEに行く人に見ておいて欲しいポイントをまとめました!!!興味がある人どうぞ!

 

 

 

ここからは、セットリストや演出などのネタバレがあると思うのでOKな人のみでお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OP映像

メイキングのような裏の嵐さんが楽しめます。見てるこっちがOPから幸せになるのでガン見して!

特に!翔くんだけリハが一緒に出来ないとき4人が翔くんにメッセージ書いてるのでそこに注目!!

「楽しかったよ 」←字が潤くんっぽかった。

「向こうに行っても…kaz」←ここまでしか見れなかった。

「忘れないでね 雅紀」←ニノが、読み上げてたから確実かな?

「SHOW MUST GO ON」←ということは智か?

というメッセージが恐らく書いてます。恐らくいつものノリの別れのメッセージ(笑)

誰かなんて書いてあったか見てきてーーー!!そして、私に伝えて!!

このメッセージを見つけた翔くんの嬉しそうな顔!みんな目に焼き付けてきて!!!

 

1.Ups and Down

これは引いて全体を見ても面白い。

2.supersonic

3.I seek

4.Oh Yeah!

 ファンサしながらムビステぐるぐる回る嵐さん可愛い。

5.Love so sweet

 トロッコ降りてくる松本、二宮が肩組んだりするので注目!潤くんソロ「伝えきれぬ愛しさ〜」を横でアピールする二宮くん。良き末ズですので、見てね!

 

挨拶

挨拶直前イントロにノリノリな嵐さん可愛いからチェケラ!←古い。

6.Sunshine

 最初のあくびするのめちゃくちゃ可愛い!!冒頭だから見逃さないで!

あとは、センターステージでバックの子呼ぶ姿が可愛い!!

7.To my homies

 やっぱり、大野さんの「ハハハ」でしょ(笑)

後ろの映像も懐かしい写真ばかりですので見るとこ沢山よ!潤くんと相葉くんの写真の時履いてる靴が嵐にしやがれ渋谷すばるくんが貰ったと言っていたブーツな気がした。

「誰にも〜止めれない〜♪」から大野・松本・二宮と相葉・櫻井に別れて歌います。どっちも可愛いから!歌ってない時も可愛いから自担がいる方をガン見するのをオススメします!!!!!!

最後は映像のみ。この映像がまた良い。なんで、ゲームしてるだけなのにこんなに多幸感があるんだろう。凄く心温まる。彼らの作ってない姿に泣いて下さい。※ちなみに、潤くんが持ってるカードには「アイドルスター」と書いてあります。

8.DRIVE

 もうね、夢の国だから失神しないように注意してね。で、可愛い嵐を見逃したく無かったら正面の画面みるべし。自撮りで回してるカメラの映像が出るから。

「急なサプライズ〜♪」からは引いた映像に画面が変わるのでご注意を。あとは、カメラの調子悪くて止まったりするからそこはもう運(笑)

 

9.Step and Go

 翔くんのラップ…とにかく翔潤。翔潤が熱いのでみんな無事に生きて帰れよ!!!

そして、智ソロの部分松本・相葉と櫻井・二宮でイチャコラしてんだけどね、本当に目が足りない。両方可愛いから!!!!見たい方見て!(笑)

 10.Don't you Get it!

 大宮さんボディタッチしまくり注意報ですね。あとは、 2番?の「ここから〜♪」かな。潤くん歌ってる所で二宮くんが毎回腕伸ばして“抱っこ〜”みたいなポーズして翔さんに近寄って行くところ面白過ぎるから!翔さん笑い止まらなくなってるから!!!!

トーク

 ここは定番化されてくのかな?翔くんが「潤!」と呼びます!!!潤くんが照れながらも「翔!」と呼びます!!!2人して照れちゃうの!最高だからぁ!!!!!! そして、みんなで大野さん呼び込みます。※しかも、呼び捨て(笑)「「「おーのーーーー!」」」

11.Bad boy

 大いに笑え。←

いや、最初のシャワーシーンは見逃さないように双眼鏡構えて!!!特に二の腕堪らんから!やばいから!威力ヤバイから!語彙力無いのが残念すぎる。。。。

そこからの、、、、あっ…(察し)

大野智のソロが惹き込まれて静寂ではなく惹き込まれて大歓声あがるの新しい!すっごく楽しい!!!

ちなみに、画面の大量の智くん。(通称:智マンション←)右から3番目辺りにいる智くん踊れてないの面白過ぎるから余裕ある人見て!全員が同じ動きじゃないのめっちゃ凝ってる!!

12.TWO TO TANGO

 あんな笑わせてたのに急に違う世界へ連れて行かれます。「ようこそ〜♪」の智くん良き。

ダンスが凄く智くんっぽい感じで好みです。特に翔さんラップ翔さんすっごく良い!そして、ラップ後に吸血鬼っぽい嵐4人に襲われるようなとこがいい!!!

13.復活LOVE

 マイクが手持ちでセンステまで移動するので多少振りが変わってるかな?

「ある晴れた〜♪」の潤くんと画面の月とのツーショットは凄く惹き込まれる世界観なので是非そこは大画面を見てみてください。

14.青空の下、キミのとなり

 トロッコに乗り込むまでの大宮劇場をご覧下さい。

15.Power of the Paradise

 曲紹介するけど“the”が抜けガチ(笑)

潤くんの気分が良いとウーマンラッシュアワーのモノマネしてくれます。←

MC

16.Baby blue

 これは、潤くんも見てほしいけど後ろの画面!!潤くんの旅行写真。潤くんと家族。潤くんと尊敬していた方々。そして、潤くんと友人たち。潤くんの愛しき人々が詰まってます。

2番の歌詞が凄く心に沁みるようになってますので見逃さないで。

17.Miles away

 嵐さんの1人1人の声が凄く良い。私個人的には最後の「重なるフレーズ〜♪」とかなり高音出した後すぐ低音で歌う相葉くん見て!

18.果てない空

19.WONDER-LOVE

 これも全体を見て欲しいかな。演出込みで楽しい。

20.また今日も同じ明日が来る

 「そんな日々が懐かしくて」と「……………Tell me」は画面で二宮くんを見ることを勧めます!その他は画面だと加工的なのがあったりするのでじっくり踊りが見たい人は双眼鏡で。

21.Amore

 英語部分は絶対モニター!!カメラいっぱいの相葉雅紀に痺れて下さい!!カッコつけて照れちゃうのが!!!!最強に可愛いから!絶対見逃さないでぇぇぇ!!!!!!!

音変わったら腹チラタイムですので双眼鏡!!その後、鎖骨見せたり腰回したりするけどカメラマンさん出来る人だから画面アップの方がちゃんと見れるかな。

あとは、全力でC&Rして!笑

22.青春ブギ

 これはもう見たいとこ見て!全部可愛いから!

「love you & I love you とまらない〜♪」は画面見てると1回ずつ1人ずつ抜いてくれます。ここの振り可愛いから!

ちなみに最初のストーリー部分で「ジンギスカンカンもっくもくここ札幌で〜」と言う一文がありました。場所ごとに変わるみたいなので良かったら注目してみて下さい。

Happyメドレー

イントロ?でノリノリなの可愛い。ちょっと暗くなってる時かな?見てみて(笑)

23.Happiness

24.きっと大丈夫

25.A・RA・SHI

26.Trouble maker

27.Love Rainbow

28.言葉より大切なもの

29.ワイルド アット ハート

30.感謝カンゲキ雨嵐

バクステに二宮くんが到着したら大宮タイムです。関係各所は注意してね!二宮くんに遊ばれまくる大野さんが居ますので。

31.愛を叫べ

 花が大量に降ってきます。それで遊び出す(投げあったりする)ここも、大宮劇場に注目かな。

アンコール

32.a Day in Our Life

 ここは智くんと潤くんの絡みですね。キスを智くんが求めますがフラれてます。叶うといいね。笑

33.五里霧

 時たま花と戯れる嵐ちゃんが垣間見れます。ただ、気分だからやる時とやらない時があるだろうな。天然ちゃん2人絡むも絡まないも気分なんで(笑)

二宮・松本のトロッコがとにかく熱い!!!おふざけする末っ子たち可愛いから見てほしい!急に壊れた人形みたいなこと全力でやり出すから!(伝わらない。)

で、最後は二宮くんが負けてあげるの。負けてあげるのに潤くんも負ける。(っていうか疲れてしゃがむ。)←

34.エナジーソング〜絶好調超〜

 智くんの「お手を拝借♪」に合わせて両手でハイタッチする末っ子2人。可愛すぎて心臓持たないから!!見てくれ!潤くんニッコニコだから!!!!

最後メインステージに集まって肩を組んだりする嵐さん素敵すぎるから!何かグッとくるから!見てね!!

挨拶

今回は1人1人改まってじゃなくて潤くんが話を振って〜みたいな緩さで楽しい気分のままラストへ。

35.Daylight

歌詞が後ろに出るので沁みますね。

もうここは最後なんで浸ってください。

 

 

 

 

以上。ほぼ感想。笑

見逃して欲しくないとこだけ書いたけど自分がもう1回ちゃんとみたいとこまとめだったわ(笑)曲名しか無いのはそれぞれ楽しんで下さい!←人任せ

とにかく今回全コンビが絡むから!本当にずーっと笑ってた。ずーっと幸せだった。自然と終わりが寂しくならなかった。ラストの曲聴くときいつも“終わっちゃう…”ってなるけど多幸感で“楽しかった”“幸せだった”になれる。

嵐が嵐を大好きなことが伝わるLIVEでした。

まさに『誰よりも俺ら自身が溺愛』でした。

きっとその姿が私は1番好きなのかもしれない。かっこいい嵐もファンに応える嵐も好きだけど嵐であることが嵐という居場所が好きで楽しくて愛しく思ってる彼らを見れるのが私の幸せなのかな。とってもHappyでした!!

 

Are you Happy?の貴方の答えをLIVEの最後に見つけてみてください。きっとその空間こそHappyが詰まっていてそれぞれのHappyが見つかると思います!行く方楽しんでぇーーー!

なぜアリーナに拘るのか。本当の距離とは

嵐さんの9年ぶりのアリーナツアーが終わりました。

私は今年好きなグループ3組のアリーナツアーに参加することが出来、そこからそれぞれのアリーナという同じ会場規模での考え方在り方を考えてみました。

 

国立、5大ドームをこなしてきた嵐さん。嵐さんにとっては“御礼参り”という言葉が出てました。いつも大きな会場の為ファンの人が集まってくれている。例えば、ハワイも宮城もそう。宮城は復興支援として多くの人を集めて盛り上げた。毎年行っている5大ドームツアーもそうだ。

自分たちの立場を再確認したのかもしれない。いつも当たり前に冬にあるドームツアー。私も毎年当たり前に発表があると思っている。でも、これは本当に有難いことなんだ。アリーナ会場での物理的な距離感・近さに驚き、ワクワク学校で改めてドームでツアーをするという大きなことを実感し直していた。

そして、今回アリーナツアーで拘っていたのは近さゆえの細部の演出。近いからこそよく見える。ドームだからこそ怠けてるわけではないだろうけど、狭い分よく見える。だからこそ改めて細かい所まで時間をかけて丁寧に作り上げていくことに重きを置いたshowを目指したのではないかと思った。

最初はなぜ今アリーナをするのか?と思った。しかし、それは物理的な距離感から得る細かいことにとことん拘った演出方法を形にしたかったからなのではないかと思う。

潤くんがある照明を演出で使いたかったがドーム規模だとどうしても広すぎて使えなかったが、アリーナで実現したと言った。そうか、その考えもあるのか。大きい所でこなす事がステータスと捉えがちだし、私もそう思ってしまう節がある。でも違った。アリーナだからこそ出来ること、アリーナでないと出来ないことがある。当たり前だけど忘れがちな小さい会場の良さ。それは、物理的な距離だけじゃなかった。嵐さんがアリーナに拘ったのは各地に自ら足を運ぶこととドームとは違いアリーナでしか出来ない演出で新しい魅せ方を得るためだったのかもしれない。

今回はツアーの延長にあるshowということだった。まさに、ツアーから何段階もレベルが上がり見せ物として完成していた。冬ツアーが終わり、今回アリーナに入る前に大野さん松本さんが観たというマイケルジャクソンの「one」を運良くラスベガスで観ることが出来た。それぞれのソロパートや演出の一部に取り入れた物がよく分かった。これをやりたかったのかという本来の姿を見れた。そこからアリーナだった為私自身、見る目は冬より変わっていた。しかし、充分showと呼べるものだった。進化を止めることを知らない嵐さん。その向上心はいつまでも止めることを知らないでいて欲しい。

 

関ジャニ∞

関ジャニさんはまだツアー途中ですが、今回のリサイタルさいたまスーパーアリーナにお邪魔しました。嵐さんより少し早く去年から始めてるアリーナツアー。彼らは昔、47都道府県全てを回るツアーを行ったことがあり、年月をかけて2度目の47都道府県全てを回ろうという拘りがある。

そして、彼らのアリーナツアーには感謝が詰まっていた。ジャニーズメドレーとし、先輩の曲から後輩の曲まで。今年は錦戸くんが活動していたNEWSの曲まで披露した。しかも、錦戸くんパートは本人のままで。凄く愛を感じた。勝手にこっちがタブーだとか触れていいのか考えていたけど本人たちは今も昔も良き仲間であり良きライバルなのだろう。一緒に戦っていた人たちへの感謝も詰まっていた。

昨年入っていない為勝手なこと言う形になってしまうがテーマを大事にしてる気がする。今回は「夏」だった。自分たちの曲ももちろんジャニーズメドレーも夏に特化した曲たちで構成されていた。

関ジャニ∞はまさに距離感を大事にしているのだろう。上から見てるとどうしても高見の見物になってしまう。アリーナ席の間を何度も縦横無尽に通っている間は上からだと少し疎外感がある気がして寂しかった。しかし、今回バンド曲は少なかった。触れ合いを大事にしているからだろう。魅せるのは冬ツアーであって距離感はリサイタルならではなのだろう。

あとはやはり「笑い」で心を掴みに来ていた。関ジャニ∞と言えば今や「関ジャニクロニクル」完全に関ジャニ∞の代名詞となりつつある番組。今回はリサイタルのために番組と共同に近い形で曲を作ったり、コンサートで番組の企画を取り入れたり……とまさに生でバラエティ番組を見ているようだった。私の回はいきなりドッジとイケメンカメラ目線だった。私がこの番組で推してる2つなのでとても嬉しかったし、よく取り入れられたなぁと思った。

ドームでもきっと関ジャニ∞は面白いことが出来るだろう。しかし、やはりアリーナだからこそすぐ反応が返ってきたり伝わったりする。関ジャニ∞ らしいアリーナという狭く近い空間の使い方だと思った。大きな会場でもコントするグループだけどファンと笑いを楽しいことを共有する上手い距離の取り方使い方だと思う。笑いをファンを大事にする関ジャニ∞だからこそこれからもファンの求めてるものを体現しつつ声の届く近さにいて欲しい。今回は特に本人たちとファンたちのやりたいことやって欲しいことが上手く噛み合ったようにも見えた。これからも自分たちだけで飛ばすのでは無くファン想いでいて欲しい。

 

ジャニーズWEST

彼らは押し出し期間ということもあり、私が一番応援に力を入れているということもあり今回の「ラッキィィィィィィィ7」は色んな場所からコンサートを観た。

コンサートは笑いもあり決めるところは決めてファンが求めてる面白いだけではないかっこいいジャニーズWESTがそこにしっかりとあった。構成は少し嵐さんに近いものを感じた。起承転結がしっかりしていて魅せ場がこちらにもはっきりと分かる。リフトで上にも来るし、花道は走るし、トロッコで2階とかにも登場する。いつもおじさん達のコンサートしか行かなかったので初めは衝撃だった。

あとは、ギラギラ感が見ていて気持ちいいくらいにあった。「売れてやろう」「いつか大きい会場でやるんだ」その為のアリーナだった気がする。このコンサートがいつか彼らが立つであろうドームのコンサートの一部になるんだろう。

若いからか、アリーナだからか彼らは思いのほか物理的な触れ合いを大事にしているようにも見える。もちろん踊りなどで魅せる部分もあるがファンサをする曲が多い印象だった。もちろん、おじさん達があまりファンサをする人じゃないって言うのもあるかもしれない。(さっきからおじさんおじさん言い過ぎて叩かれそう笑)でも、序盤からファンサ飛ばしていたなぁという印象。これも、今の時期しか出来ないからと考えたら全然ありだと思う。でも、彼らは全然ファンサをしなくても心を掴める力はあるようにも思う。

笑いのセンスも踊りの魅せ方も歌を聴かせることも彼らはオールラウンダーだった。そしてデビューして2,3年とは思えない構成力にも感じる。かっこいい曲可愛い曲面白い曲とバラエティに富んだ曲の種類とバランスが凄くいい。

アリーナとは思えないほどの力強いパフォーマンスも多い。特攻やレーザーを使った演出。でも、やはりアリーナ規模だから出来る細かい演出はアリーナということが前提なのだろう。ゲームだったりモノマネだったりこれはアリーナ規模だからこそ伝わるのかなとも思う。

ジャニーズWESTはファン個人個人との距離感を大事にしているように見えた。上に挙げた2グループはドームを経験してからの原点回帰。ジャニーズWESTはまだ見ぬドームへ向けての第1歩だ。彼らの野心、野望、希望がアリーナには詰まっている。それこそ、その前のツアーはホールだったジャニーズWESTにとっては少しずつ力がつきパワーアップしてのアリーナツアーだった。アリーナでコンサートを行えるということ。アリーナだからこそ多くの地をこれからも回ってさらにパワーアップしてドームに向けて歩んで欲しい。

 

 

三者三様の良さがあり、違いがあり、アリーナツアーと一括りにしてはいけない気がした。アリーナツアーとして誰もが口にする「距離感」だけどそれは物理的な距離感以外にもあるんだと思った。一人一人上の人まで心を掴める距離感だったり、細かいことを伝えやすい距離感だったり。ドームツアーは5万人近くに向けて発信し、届けなければいけない。大きく魅せることが一番なんだと勝手に思っている。しかし、アリーナは逆に狭いからこそ細かいところを拘る。レベルアップするにはどちらも必要な要素である。

ただ、人気なグループがアリーナツアーを行うことは近くに感じることが出来る反面倍率が上がり当たりづらい。みんなが満足する結論に達するのは難しいかもしれないけれど視点を変えて新たな挑戦をたまにくらいの間隔で続けて欲しい。