読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キミの夢を見ていたい

思ったこと、感じたことを独断と偏見で

遠くの自担か近くの他担か

最近、度々あがる議題。

コンサート中遠くにいる自担を見るか近くにいる他担を見るか。

ライブの在り方って実際「楽しむ」ってことくらいしか決まってないよなぁと思います。私は。

結局お金を払っているのはファンの方だからね。いいと思うんだ。それで満足出来るなら、小さくしか見えない自担を見たって。表情や毛先まで見える他の方を見たって。それで満足なんだろうし。私はコンサートやグループによるけど結構迷っちゃう。自担も見たいけど近くにいる方も眺めてたい。

結果、ファンを奪う勢いでやるってのが1番じゃないのかな。「俺を見ろよ!」って思うなら自分に注目させるような勢いや闘志が必要なんじゃないかな。 個人担よりグループ担。これもさ、結局グループってさ、仲間であり良きライバルなんじゃないのかな。1番分かり合える人たちでありだからこそ、1番怖いんじゃない。それこそ、入り口と実際ライブ観て堕ちる人って違ったりしない???

変わらずに一途な場合もあるけどさ、私は関ジャニ∞の場合錦戸くんで知ってライブに行って丸ちゃんの歌声と色気にやられたなぁって思う。それこそ遠くの自担よりも魅力されたからだ。

「俺を見ろよ!」って思う気持ちも大切だし凄く素敵な闘志だと思う。でも、それをお金を払ってる消費者側に強要しちゃダメなんだろうな。見てほしい努力は良いけどさ、強要するとライブの雰囲気も形態も変わってきて良いものはできなくなってしまうんじゃないのかな。

私は、松本潤くんの

例えば翔くんのファンの子がいて俺が目の前を通る時その団扇をサッと裏返すんです。せっかくお金払って来てくれてるのに気を遣わなくていいよ。とは思う。

こんなニュアンスのことを言っていた。この言葉が好きだったりする。そうだよ!お金払ってるんだもん!何を気を遣うんだよ!!!!

まぁこれが言える松本くんは余裕が出来て来たからなんだろうけど。きっとまだデビュー2,3年やJrの子たちはそんなこと言ってられないんだろうけどね。

100人居たら100通りの考え方があるし100通りのライブの楽しみ方がある。
それぞれが楽しめて終わった後最高のライブだったって心に残るのが1番じゃないのかな。それがグループとしてなのか個人なのかは別だけど来てよかった・お金払って良かったと思われる作品を作り上げるのが1番だと思う。
初日に入る人だってオーラス入る人だって同じお金なんだ。1回入ろうが何十回入ろうが1公演のお金は一緒なんだ。そしたら、どこを見るか拘る前にクオリティを1発目からオーラスのように持ってくるプロ意識を考えて欲しいものだ。バランスよく均等に楽しませてもらいたい。なんて考える。






ちなみに、この前のラッキィィィィィィィ7。目の前に来た林真鳥くんから急に投げチューを貰いまんまとやられました。こうゆう単純な奴が世の中にはいますぞ!笑
楽しかった\(^^)/