読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キミの夢を見ていたい

思ったこと、感じたことを独断と偏見で

紅白歌合戦 白組司会 相葉雅紀様

その知らせを最初に耳にしたのは土曜日のお昼。Twitterを開くと「紅白歌合戦 白組司会は、相葉雅紀。」との文字。失礼な話まさかと思った。だいたい司会の発表の日って記者会見的なものがあったし、ましてや5人じゃない。その日は、嵐の札幌公演にお邪魔することになっていたし、当然嵐さんは札幌にいる。これはデマだな。なんて陽気に思っていた。気付けば公式Twitterでのお知らせも来ていて、現実味が一気に増した。

 

私は嵐が大好きだし、相葉くんも大好き。でも正直不安の方が大きかった。私が、何かやるわけでも無いのに。相葉くんは本当に一生懸命の人だし、頑張りすぎちゃうからこその不安だったドラマがあったりする度に目に見えて痩せていくから。相葉くん1人に任せるなんて重すぎる。相葉くんがいつか壊れてしまうんじゃないか。周りから叩かれないか、相葉くんに余計な不安要素を与えないか。要らない心配ばかりしていて素直には喜べなかった。でも、

こんな大役を僕一人がお引き受けできる立場ではないと思い、本当に悩みました…。

でもこの先、僕の人生でこんな有難いお話は一生いただけないと思います。毎年年末に「あの時にお受けすればよかった…。」と後悔するよりチャレンジさせていただきたいと決断しました。

今の僕には、ただただ全力で頑張ることしかできませんが、出場歌手の皆さまに気持ちよく歌っていただけるよう精一杯努めますので、どうか皆様よろしくお願い致します。

この文章を見て思い出した。そうだよ、相葉くんはいつでも全力の人だったじゃん。何に対しても否定しないし諦めない、自分に厳しい人じゃん。それを私が否定してしまうのは本当に最低だったなって。相葉くんが自ら悩んだことを口にしている。相当、悩んだんだと思う。今何を考えてどう思ってるのかは本人しか分からないけど、この文章を見て真面目で全力な相葉くんならやりきれるんだろうなって思えた。

 

そうこうしてるうちに始まった「ARASHI LIVE TOUR Are you Happy?」札幌2日目。

MCに入り、やはり話題は相葉くんの紅白歌合戦白組司会。

翔くんが「やっぱりまずはこの話しなきゃだね。相葉くん紅白司会おめでとう!」と。15時のNHKでの発表ニュースを5人で見ていたらしい。

そこから散々、今まで5人でやって来たのに急に1人で抜けがけしただのチャチャが入った。相葉くんも「やめろよぉ〜」なんて賑やかに進んだ。ふとした沈黙で翔さんが相葉くんに「不安?」と相葉くんを優しそうな目で見つめた。相葉くんも少し困ったような苦笑いのような顔で「……不安。」と。あぁ…これが本音なんだなって。スーパーマンのような相葉くんでもやっぱり私たちと同じ人間でプレッシャーを感じているんだなって。相葉くんが「嵐でやってきたけど、俺難しいところやって無かったから!そこもやらなきゃだからさ!」笑い飛ばして言った時、潤くんが「でも俺は知ってるよ?相葉くんが『これは間違えられない。』って北島三郎さんの曲練習してたの。」その顔は本当に優しくて“大丈夫だよ”と言っているようだった。その後も、「相葉くんのハプニング、俺らは少し期待してるよ?」「俺ら以外にもグッと!スポーツファミリーも居るしね!」相葉くんの不安と緊張を解くような言葉が冗談交じりかけられて、あぁ嵐っていいな。相葉くんには嵐っていう帰る場所も居場所もあるんだなって。だから、相葉くんはきっとこの仕事を受けられたのかななんて。

それからおめでとうメールを50件くらい貰った話から、ジャニーズでは「関ジャニはすぐ来た!村上と横山。」ほら、こんなにも相葉くんのことを支えてくれて喜んでくれて応援してくれる仲間がいるんだもん。私は何を不安になってたんだろう。

いつもはあまり喋らない智くんだって「差し入れで唐揚げ持ってくよ。」とか「ここで、練習しなよ。」「大丈夫だよ。」って。相葉くんが好きなものを安心する言葉をしっかりとくれるんだもん。やっぱりリーダーなんだなって。自分から話す智くんはやっぱり嵐をしっかり見ているし、誇らしいんだろうな。

発表当日、この目でこの耳で彼らの嬉しそうな表情や声を聞けて心の中のちょっとしたモヤモヤがスッと消えました。あの空間には愛しかなくてみんなが相葉くんに一緒に頑張ろうねって言っているようだった。

当日一緒に祝えたことに感謝してます。素敵な時間を共有させてくれてありがとう。

 

人一倍気ぃ遣いな相葉くんが1人で抱え込まずに「不安だ」と口に出来たの嵐があまりにも相葉くんに優しかったから。優しいお兄ちゃんたちがそっと寄り添い「差し入れするね。」「ミラクルも期待してるよ。」と肩の力を抜いてあげて、弟たちが支え「頑張ってたの知ってるよ。」「相葉くんファミリーいっぱい居るからね。」とエールを送ってたから。嵐が、ファンが、相葉くんに優しく寄り添えたのはきっと、相葉くんが嵐にそしてみんなに優しいからなんだよね。相葉くん自ら種をまいていたからなんだよね。

いつだって前を見てていつだって全力な相葉くんについて行こうと改めて思えた1日でした。

思えば相葉くんはいつだって私たちが思う以上に明るくて力強くて前を向いていた。

楽しいことがあるから笑うんじゃない。笑っていれば楽しいことがあるかなって考えています。いっぱい笑いましょう。

今を一生懸命やって今をどうするかで未来が決まると思うから

今を頑張るしかないって思ってる。

この言葉たちでどれだけ勇気と元気を貰い、気付かされたか。私も頑張らないとな。相葉くんに比べたらちっぽけなことだけど相葉くんに負けないように、次会う時に私も胸張って相葉くんを見れるように頑張ろうと思える言葉をいつもくれる。貰ってばっかりで私には差し入れを持っていくことも、舞台袖で声をかけてあげることも、一緒に分かち合うことも出来ないけど。唯一出来ることはテレビの前で応援することのみだけど。しっかりこの目で歴史の第一人者になれることに感謝し、焼き付けます。

 

忙しくなるとみるみる痩せていって1人で背負い込む相葉くんだから、どうか周りを頼って下さい。貴方の周りには応援してくれて、自分の事のように考えてくれる素敵な仲間がいるから。無理しないでって言ってもきっと無理すると思うから。

 

相葉くんが年末の最後まで笑顔で過ごせますように。とびっきりの笑顔が2016年最後に見えますように。私はここから願ってます。

 

今ならしっかり言葉に出来ます。

相葉雅紀さん、紅白歌合戦白組司会 おめでとうございます。